詐欺まがい業者が多い

 

 

不動産業界には必ずしも優良な業者が揃っているわけではありません。家を売りたいという話を持ちかければ誠実な対応をしてくれて、最短の期間でできる限り家を高く売ろうとしてくれるものだと考えてしまうと失敗してしまうかもしれないので注意しましょう。

 

詐欺まがいのことをするような悪質業者も少なくないのです。

 

家を売るときには不動産業者に仲介を依頼するのが一般的ですが、その業務をサービスとして無料で行っているわけではありません。売買の仲介を行うことによって利益を得ようとしているのが不動産業者なので、利益をいかにして大きくするかという視点で顧客と関わっているのは確かでしょう。そのやり方があまりに悪質だという場合もあるので注意が必要になります。

 

仲介によって得られる収入は仲介手数料のみであり、売買が成立したときには仲介手数料を支払うことになるでしょう。売主だけでなく買主も仲介をしてもらうと仲介手数料を支払います。そのため、不動産業者としては売主も買主も自分で仲介したいと考えるのが通常です。

 

これが詐欺まがいの手口を生むことにつながっています。
囲い込みは昔からよく行われていた詐欺まがい行為の一種です。家を売りたいと話を持ちかけて仲介を依頼することができても、なかなか買主が見つからずに困るかもしれません。

 

その裏で行われていることがあるのが囲い込みです。本来、不動産業界では売却する物件についての情報を共有して、どの不動産業者でも売主の仲介を行えるようにしなければなりません。

 

しかし、もし他のところに売主を見つけられてしまうと仲介手数料を申し受けられなくなってしまうでしょう。

 

両手取引について

 

 

両手取引と呼ばれる買主と売主の両方から仲介手数料を手に入れられる状況を作ろうとするために、他の不動産業者には情報を渡さなかったり、既に家が売れてしまっていると嘘をついたりしてしまうのです。このような行為が囲い込みと言われています。

 

一方、仲介を依頼してもらうために査定価格を高く出すという場合もあるので注意しましょう。

 

売主の心理として家を高く売りたいという希望を持っているのは当然です。一括査定を受けたときに高い査定価格を出してくれると、その金額で売ってくれるだろうと信じてしまうかもしれません。しかし、それは仲介を申し込んでもらうための罠のこともあります。

 

売れなかったら価格を下げて相場相応にすれば良いと考えて、まずは高い査定価格で顧客を獲得しようとしているのです。

関連ページ

家を売るときの値こなしと囲い込みとは?
家を売るときには不動産会社と媒介契約を締結して、物件の宣伝や買主の募集を行ってもらうことになります。この営業活動が適切に行われることによって買主が見つかりやすくなるでしょう。いかに信頼性高く、効果的な宣伝を行って買主の候補を探し出してくれる業者と契約を締結できるかが重要になります。
家の一括査定で注意すべきこと
家を売るときには査定を受けてどのくらいの価値があるのかを判断するところから始める場合が多いでしょう。少しでも高く売ることを目標に掲げている人も少なくありません。しかし、どうにかして家を高く売る手段を見つけようと躍起になってしまっているときほど注意が必要です。
家を売った体験談1
親から相続して暮らしていた家がありましたが、転勤になってしまって到底通えなくなってしまい、売って引越しをすることになった経験があります。引越し先でも賃貸生活ではなく、マンションか自宅を購入して住みたいと思っていたので、高額で売りたいと考えましたが、転勤が決まったのが遅すぎてあまり時間がありませんでした。
家を売った体験談2
家を売るのは初めてではなかったので、売るためには不動産業者をよく選ぶことが重要だということはよくわかっていました。以前、親の家を売ったときには値下げ交渉に対応できずに、売れないのではないかという不安が大きくて買い叩かれてしまったことがあります。冷静になって考えてみると担当者も買主側に肩入れをしていた様子があったのが事実です
家を売った体験談3
仕事の都合があって引越しをしなければならなくなったのは、まだ住宅ローンが残っている頃だったので痛手でした。知人の勧めで賃貸経営をするよりも、家は売ってしまった方が良いと感じていたので転勤が決まってからすぐに売ることを考え始めたのは正解だったと言えます。
家を売る契約と実際の売却価格の違い
家を売ることを決めたときには不動産会社に連絡を取って媒介契約を結ぶのが一般的です。そして、家を売りに出すための価格設定を行い、営業活動を行ってもらって買主を見つけ、売買契約を結んで家の取引が成立するという流れが通常でしょう。家を高く売るためにはこのときに価格が変化していくことを理解しておく必要があります。
仲介契約でのトラブル事例
家を誰かに購入してもらうためには、仲介契約をしておかなくては、なかなか売れるものでもありません。自力で手放そうと思っていたとしても、なかなか買い手が見つかるものでもありませんので、時間だけが経過していく事になりますので、専門の頼れる不動産業者と仲介契約を結び、早々に買い手を見つけるようにしたほうがいいでしょう。