詐欺まがい業者が多い

 

 

不動産業界には必ずしも優良な業者が揃っているわけではありません。家を売りたいという話を持ちかければ誠実な対応をしてくれて、最短の期間でできる限り家を高く売ろうとしてくれるものだと考えてしまうと失敗してしまうかもしれないので注意しましょう。

 

詐欺まがいのことをするような悪質業者も少なくないのです。

 

家を売るときには不動産業者に仲介を依頼するのが一般的ですが、その業務をサービスとして無料で行っているわけではありません。売買の仲介を行うことによって利益を得ようとしているのが不動産業者なので、利益をいかにして大きくするかという視点で顧客と関わっているのは確かでしょう。そのやり方があまりに悪質だという場合もあるので注意が必要になります。

 

仲介によって得られる収入は仲介手数料のみであり、売買が成立したときには仲介手数料を支払うことになるでしょう。売主だけでなく買主も仲介をしてもらうと仲介手数料を支払います。そのため、不動産業者としては売主も買主も自分で仲介したいと考えるのが通常です。

 

これが詐欺まがいの手口を生むことにつながっています。
囲い込みは昔からよく行われていた詐欺まがい行為の一種です。家を売りたいと話を持ちかけて仲介を依頼することができても、なかなか買主が見つからずに困るかもしれません。

 

その裏で行われていることがあるのが囲い込みです。本来、不動産業界では売却する物件についての情報を共有して、どの不動産業者でも売主の仲介を行えるようにしなければなりません。

 

しかし、もし他のところに売主を見つけられてしまうと仲介手数料を申し受けられなくなってしまうでしょう。

 

両手取引について

 

 

両手取引と呼ばれる買主と売主の両方から仲介手数料を手に入れられる状況を作ろうとするために、他の不動産業者には情報を渡さなかったり、既に家が売れてしまっていると嘘をついたりしてしまうのです。このような行為が囲い込みと言われています。

 

一方、仲介を依頼してもらうために査定価格を高く出すという場合もあるので注意しましょう。

 

売主の心理として家を高く売りたいという希望を持っているのは当然です。一括査定を受けたときに高い査定価格を出してくれると、その金額で売ってくれるだろうと信じてしまうかもしれません。しかし、それは仲介を申し込んでもらうための罠のこともあります。

 

売れなかったら価格を下げて相場相応にすれば良いと考えて、まずは高い査定価格で顧客を獲得しようとしているのです。