仲介契約でのトラブル事例

 

 

家を手放さなくてはならない時には、名残り惜しい気持ちがわいてくるものです。長年暮らしてきた家であれば、そんな思いが出てきても不思議ではありません。

 

それでも次の誰かに大切にしてもらうためにも、名残惜しい気持ちを抑えつつ、家の仲介契約をするようにしましょう。

 

家を誰かに購入してもらうためには、仲介契約をしておかなくては、なかなか売れるものでもありません。自力で手放そうと思っていたとしても、なかなか買い手が見つかるものでもありませんので、時間だけが経過していく事になりますので、専門の頼れる不動産業者と仲介契約を結び、早々に買い手を見つけるようにしたほうがいいでしょう。

 

仲介契約をしたとしても、その中でトラブルが起きてしまう場合もあります。

 

どのようなトラブルが多いか

 

 

トラブルが起きてしまうのも面倒ですので、どんなトラブルが発生しやすいのか、例を確認しておきましょう。多い例としては、仲介業者に家の重大な問題を伝えていなかった場合などです。

 

売り手側としては、高く売りたいですので、重大な問題に気づいていたとしても、そこは黙っておきたいと思うことでしょう。黙っておかなければ高く売れないと思えば、秘密にしてそのまま売りたいという思いが出てくることもあるはずです。しかしそれを伝えていないことによって、後々トラブルに発展してしまうことがあるのです。

 

例えば、雨漏りなどをするということになれば、これは家にとって重大な問題の一つといえるでしょう。雨漏りをしているとなれば、放置しておくわけにはいきませんので、修理をする必要が出てきます。

 

修理費用が掛かることになりますので、買い手側としては、購入してすぐにそのようなトラブルがあればいい気がするものではありません。知っていてそんな販売をしていたのであれば、それは大問題ですのでわかった時には大きな問題に発展してしまうことになるのです。

 

出来るだけ高く売りたいと思っていたとしても、そういった重大な問題は隠さないようにしなくてはなりません。後々大きな問題に発展した時には、もめることになりますし、大きな損害賠償を請求されることになってもいけません。とりあえずのお金が欲しいためにそのようなことをするのではなく、問題なく手放すためにはどうすればいいのかを考えて行動をするようにしましょう。

 

大事な家にクレームがつくようなことになってもいけませんので、問題を抱えている部分は素直に申告するようにして、問題に発展しないようにしていく事です。

関連ページ

詐欺まがい業者が多い
不動産業界には必ずしも優良な業者が揃っているわけではありません。家を売りたいという話を持ちかければ誠実な対応をしてくれて、最短の期間でできる限り家を高く売ろうとしてくれるものだと考えてしまうと失敗してしまうかもしれないので注意しましょう。
家を売るときの値こなしと囲い込みとは?
家を売るときには不動産会社と媒介契約を締結して、物件の宣伝や買主の募集を行ってもらうことになります。この営業活動が適切に行われることによって買主が見つかりやすくなるでしょう。いかに信頼性高く、効果的な宣伝を行って買主の候補を探し出してくれる業者と契約を締結できるかが重要になります。
家の一括査定で注意すべきこと
家を売るときには査定を受けてどのくらいの価値があるのかを判断するところから始める場合が多いでしょう。少しでも高く売ることを目標に掲げている人も少なくありません。しかし、どうにかして家を高く売る手段を見つけようと躍起になってしまっているときほど注意が必要です。
家を売った体験談1
親から相続して暮らしていた家がありましたが、転勤になってしまって到底通えなくなってしまい、売って引越しをすることになった経験があります。引越し先でも賃貸生活ではなく、マンションか自宅を購入して住みたいと思っていたので、高額で売りたいと考えましたが、転勤が決まったのが遅すぎてあまり時間がありませんでした。
家を売った体験談2
家を売るのは初めてではなかったので、売るためには不動産業者をよく選ぶことが重要だということはよくわかっていました。以前、親の家を売ったときには値下げ交渉に対応できずに、売れないのではないかという不安が大きくて買い叩かれてしまったことがあります。冷静になって考えてみると担当者も買主側に肩入れをしていた様子があったのが事実です
家を売った体験談3
仕事の都合があって引越しをしなければならなくなったのは、まだ住宅ローンが残っている頃だったので痛手でした。知人の勧めで賃貸経営をするよりも、家は売ってしまった方が良いと感じていたので転勤が決まってからすぐに売ることを考え始めたのは正解だったと言えます。
家を売る契約と実際の売却価格の違い
家を売ることを決めたときには不動産会社に連絡を取って媒介契約を結ぶのが一般的です。そして、家を売りに出すための価格設定を行い、営業活動を行ってもらって買主を見つけ、売買契約を結んで家の取引が成立するという流れが通常でしょう。家を高く売るためにはこのときに価格が変化していくことを理解しておく必要があります。