家の一括査定で注意すべきこと

 

 

家を売るときには査定を受けてどのくらいの価値があるのかを判断するところから始める場合が多いでしょう。少しでも高く売ることを目標に掲げている人も少なくありません。しかし、どうにかして家を高く売る手段を見つけようと躍起になってしまっているときほど注意が必要です。

 

査定を受ける段階から失敗の道を辿ってしまうリスクがあるからです。

 

家の一括査定を利用するのは多くの業者からの査定をまとめて受けることができる点で優れている方法ですが、実際に利用するときには注意すべきことがあります。一括査定を行ったときに高い査定価格を出してくれた業者を信頼して、この価格で売ってくれるだろうと考えて媒介契約を結んでしまうかもしれません。

 

しかし、それが原因で家がなかなか売れなかったり、高く売るつもりが価格を引き下げなければならなくなってしまったりすることがよくあるのです。これは不動産業界で媒介契約を獲得するためにしばしば行われている戦略であり、高い査定価格なら高く売ることができるだろうという売主の思い込みを利用しています。

 

落ち着いて買主の立場から考えてみれば、どうして売れずに価格を下げなければならなくなったかはよくわかるでしょう。

 

不動産業者選びがポイント

 

 

買主は家の相場をよく調べて値打ちの高い家を探しています。相場に合った適正価格で売りに出されていなかったら目を向けてもらえないことが多いのです。たとえ問い合わせがあったとしても、相場から大きく外れている価格だということに着目しているのが一般的であり、価格交渉で徹底的に値引きされてしまうでしょう。

 

安易に高い査定価格を出している不動産業者を選んでしまうとこのような失敗をしてしまうリスクがあります。

 

一括査定が悪いわけではなく、査定結果の活用方法が良くなかったと考えるのが妥当です。一括査定を受けると何社もの結果を比較することができ、どの辺りの価格をつけている業者が多いのかと分析できるでしょう。

 

それが自分の家の相場として適切なものだと判断できます。一括査定はこのようにして相場を知るために活用するものと考えるのが無難です。そして、その相場付近の価格を付けてくれた業者と媒介契約を結べば適正価格で販売を行うことができ、比較的速やかに買主が登場してくれると期待できます。

 

一括査定を利用するときには高い査定価格の業者を選ぶのではなく、適正価格の業者を選ぶのが最も重要なことです。

 

これを念頭に置いておかないと家の売却で苦労してしまうかもしれません。