家の一括査定で注意すべきこと

 

 

家を売るときには査定を受けてどのくらいの価値があるのかを判断するところから始める場合が多いでしょう。少しでも高く売ることを目標に掲げている人も少なくありません。しかし、どうにかして家を高く売る手段を見つけようと躍起になってしまっているときほど注意が必要です。

 

査定を受ける段階から失敗の道を辿ってしまうリスクがあるからです。

 

家の一括査定を利用するのは多くの業者からの査定をまとめて受けることができる点で優れている方法ですが、実際に利用するときには注意すべきことがあります。一括査定を行ったときに高い査定価格を出してくれた業者を信頼して、この価格で売ってくれるだろうと考えて媒介契約を結んでしまうかもしれません。

 

しかし、それが原因で家がなかなか売れなかったり、高く売るつもりが価格を引き下げなければならなくなってしまったりすることがよくあるのです。これは不動産業界で媒介契約を獲得するためにしばしば行われている戦略であり、高い査定価格なら高く売ることができるだろうという売主の思い込みを利用しています。

 

落ち着いて買主の立場から考えてみれば、どうして売れずに価格を下げなければならなくなったかはよくわかるでしょう。

 

不動産業者選びがポイント

 

 

買主は家の相場をよく調べて値打ちの高い家を探しています。相場に合った適正価格で売りに出されていなかったら目を向けてもらえないことが多いのです。たとえ問い合わせがあったとしても、相場から大きく外れている価格だということに着目しているのが一般的であり、価格交渉で徹底的に値引きされてしまうでしょう。

 

安易に高い査定価格を出している不動産業者を選んでしまうとこのような失敗をしてしまうリスクがあります。

 

一括査定が悪いわけではなく、査定結果の活用方法が良くなかったと考えるのが妥当です。一括査定を受けると何社もの結果を比較することができ、どの辺りの価格をつけている業者が多いのかと分析できるでしょう。

 

それが自分の家の相場として適切なものだと判断できます。一括査定はこのようにして相場を知るために活用するものと考えるのが無難です。そして、その相場付近の価格を付けてくれた業者と媒介契約を結べば適正価格で販売を行うことができ、比較的速やかに買主が登場してくれると期待できます。

 

一括査定を利用するときには高い査定価格の業者を選ぶのではなく、適正価格の業者を選ぶのが最も重要なことです。

 

これを念頭に置いておかないと家の売却で苦労してしまうかもしれません。

関連ページ

詐欺まがい業者が多い
不動産業界には必ずしも優良な業者が揃っているわけではありません。家を売りたいという話を持ちかければ誠実な対応をしてくれて、最短の期間でできる限り家を高く売ろうとしてくれるものだと考えてしまうと失敗してしまうかもしれないので注意しましょう。
家を売るときの値こなしと囲い込みとは?
家を売るときには不動産会社と媒介契約を締結して、物件の宣伝や買主の募集を行ってもらうことになります。この営業活動が適切に行われることによって買主が見つかりやすくなるでしょう。いかに信頼性高く、効果的な宣伝を行って買主の候補を探し出してくれる業者と契約を締結できるかが重要になります。
家を売った体験談1
親から相続して暮らしていた家がありましたが、転勤になってしまって到底通えなくなってしまい、売って引越しをすることになった経験があります。引越し先でも賃貸生活ではなく、マンションか自宅を購入して住みたいと思っていたので、高額で売りたいと考えましたが、転勤が決まったのが遅すぎてあまり時間がありませんでした。
家を売った体験談2
家を売るのは初めてではなかったので、売るためには不動産業者をよく選ぶことが重要だということはよくわかっていました。以前、親の家を売ったときには値下げ交渉に対応できずに、売れないのではないかという不安が大きくて買い叩かれてしまったことがあります。冷静になって考えてみると担当者も買主側に肩入れをしていた様子があったのが事実です
家を売った体験談3
仕事の都合があって引越しをしなければならなくなったのは、まだ住宅ローンが残っている頃だったので痛手でした。知人の勧めで賃貸経営をするよりも、家は売ってしまった方が良いと感じていたので転勤が決まってからすぐに売ることを考え始めたのは正解だったと言えます。
家を売る契約と実際の売却価格の違い
家を売ることを決めたときには不動産会社に連絡を取って媒介契約を結ぶのが一般的です。そして、家を売りに出すための価格設定を行い、営業活動を行ってもらって買主を見つけ、売買契約を結んで家の取引が成立するという流れが通常でしょう。家を高く売るためにはこのときに価格が変化していくことを理解しておく必要があります。
仲介契約でのトラブル事例
家を誰かに購入してもらうためには、仲介契約をしておかなくては、なかなか売れるものでもありません。自力で手放そうと思っていたとしても、なかなか買い手が見つかるものでもありませんので、時間だけが経過していく事になりますので、専門の頼れる不動産業者と仲介契約を結び、早々に買い手を見つけるようにしたほうがいいでしょう。