家を売る契約と実際の売却価格の違い

 

 

家を売ることを決めたときには不動産会社に連絡を取って媒介契約を結ぶのが一般的です。そして、家を売りに出すための価格設定を行い、営業活動を行ってもらって買主を見つけ、売買契約を結んで家の取引が成立するという流れが通常でしょう。家を高く売るためにはこのときに価格が変化していくことを理解しておく必要があります。

 

家を高く売るという気持ちがあると、媒介契約を結ぶ不動産会社を選ぶときに査定を受けて最も高い金額を出してくれたことを重視しがちです。

 

その金額で取引が成立すれば良いのですが、実際にはその金額で売却できることはほとんどありません。家の査定を受けて不動産会社と媒介契約を結んだ時点で決定した金額と売却によって手に入れられる金額とでは違いが生じるのが通常です。違いの原因は二つあります。

 

金額に違いがでる2つ原因

一つは家を高く売るためには高めに金額を決めておかなければならないことに起因しているのが特徴です。

高い家は売れないというのが基本であり、あまりに高い状況で市場に出してしまうと買主が見つからずに時間だけが過ぎていくでしょう。すると金額を下げなければならないという判断になりやすいのです。

 

もう一つはたとえ適正価格で市場に出していたとしても売買契約を結ぶ前には交渉が行われます。

売主は家を高く売ることに執着しますが、買主は家を安く買うことにこだわりがあるでしょう。買主もよく勉強していて、相場よりも高くなっているなら本格的に交渉をして金額を下げようとするのが一般的になっています。

 

たとえ相場通りという場合であっても欠点を見つけて安くしようと考えたり、端数を減らしてもらおうととりあえずは交渉を持ちかけたりします。

 

このようにして行われる交渉で売買が決裂してしまわないようにするために、少しは価格を下げなければならなくなりがちです。

 

 

 

 

この二つによって主には家を売るための媒介契約をした当時と、実際に売却するときの価格に違いが生まれます。高くなるというときはまずないので、この金額で売れなければならないという場合には少し相場よりも高く設定しておくことが重要です。交渉によって最終的には想定している金額に落とし込むと考えると良いでしょう。

 

特に売買交渉は最終的な到達点を想定しておかないと無理に安くしてしまうことも珍しくありません。家を高く売るための基本として相場を理解し、それよりも少し高い金額で売りに出し、交渉前提で取引するという発想を持つのが重要になるのです。