査定価格が高いだけではダメ

 

 

少しで高く家を売りたいと考えて一括査定を利用すると高い査定価格を出してくれる不動産業者も見つけることができるでしょう。しかし、高額査定をしてくれた業者をすぐに選んで媒介契約を結んでしまうと家の売却に失敗するリスクがあるので注意しなければなりません。

 

一括査定で得られる査定価格はあくまで参考値であるという認識をすることが重要です。

 

その査定価格を参考にして業者と相談して販売価格を設定することになりますが、それが相場から考えて明らかに高いというときには家を買いたいと思う人も少なくなるでしょう。買主が現れなければそもそも家が売れないという状況に陥ってしまいます。高い査定価格を付けてくれることが重要なのではなく、相場に見合った査定を行ってくれているかを見極めるのが大切です。

 

ともすると家の高額査定をすることによって売主の気を引きつけようと考えている悪意のある業者であるリスクもあります。家の一括査定をしたときには他の業者と比較して相場がどの程度かを判断し、相場から大きく離れない範囲で良い物件だと考えてくれる業者を選ぶのが賢いと言えるでしょう。
査定価格が高い業者に依頼したときに生じやすいもう一つの問題点として覚えておきたいのが、その査定結果が本当に売れる価格と一致するわけではないということです。

 

売却の際に注意する点とは

 

 

実際に売却するときには査定によって出てきた金額と同じになることは滅多にありません。家の売却価格は買主が見つかったときに買主と交渉を行うことによって最終的に決まります。初めから相場よりも高い家だとわかって購入の申込みをする買主もいるでしょう。

 

その後に売買交渉によって大幅に引き下げを行って、安く買い叩きたいという考えを持たれてしまうリスクがあります。販売価格を相場付近に合わせておくことでそのリスクも低くなりますが、そもそも相場がわかっていないと失敗してしまうかもしれません。

 

家を売るときには一括査定が便利ではあるものの、その結果が高額査定なら信頼できる業者だというわけではないのです。

 

重要なのは相場に合っていて、そこから判断して適切な販売価格の設定ができるように配慮してくれていることにあります。一括査定を受けて飛び抜けて高額な査定をしてくれている業者があった場合には疑念を抱いた方が無難でしょう。

 

ほぼ団子状になっている辺りが相場だと考えられるので、その付近で良さそうな業者に連絡を取ってみるのがリスクの低い業者の選び方になります。