不動産の知識を学んだ交渉術とは

 

 

家を高く売りたいときにはある程度は不動産や家の売却について勉強をしておくことが大切です。不動産に関する知識を身につけておくだけで有利に取引を進められる可能性があります。不動産の売買をするときには相手方との交渉が必要になることが多く、何も知らないでいると相手に流されてしまいがちです。

 

自分のペースで取引を進められるようにするために知識が欠かせないと認識しておきましょう。

 

典型的なのが不動産会社から要求される仲介手数料の交渉です。不動産についての知識を持っていれば仲介手数料は引いてもらえる可能性があるとわかるでしょう。

 

仲介手数料は上限額が法律によって定められていて、売買の際には買主にも売主にも請求することができます。不動産会社にとっては仲介業務を行った際の唯一の収入になりますが、買主からも売主からも手に入れていると考えると少し引いてもらおうと考えるのも妥当でしょう。

 

事情を知っている立場になって、お金が必要だから家を売るのであるという姿勢を最初から持っておくと最終的に交渉をしやすくなります。

 

交渉には知識が必要

 

 

特にあまり売れなくて売却価格を引き下げなければならなかった場合には、宣伝の行い方や営業活動の姿勢などをよく吟味しておいて指摘すると、それを理由にして仲介手数料の引き下げに応じてくれることがあるでしょう。

 

一方、家を売るときに切実になるのが買主との交渉です。販売価格の通りに売れるわけではなく、大抵の場合には安くしようと買主から話を持ちかけられることになりがちです。

 

このときに不動産としては価値が同じであっても他に費用をかけなくしたり、少し費用をかけたりして適切な対応を取ることで売買価格と費用をトータルで見るとあまりかからなくする方法があるのです。土地の実測を行わないでおいて、値段の引き下げを迫られたら実測を行う代わりに値段は下げないと応じるというのが一例になります。建物の修繕や瑕疵担保責任範囲及び期限の設定、建物の撤去、ホームインスペクションの実施などを内容として入れ込むことができるでしょう

 

買主の立場からの不動産についての知識を持っていると、相手にとって有利、不利の判断がしやすくなります。このような知識を広げておくと取引を有利にすることができるのです。この他にも知識があれば失敗しなかったと後悔する事例はあります。

 

不動産会社と買主との交渉は避けて通れない道なので、有利に進められるようにそれぞれが知っているはずの内容について理解を深めておきましょう。