転勤で家を売るときのコツ

 

 

転勤で家を売る必要に迫られたら、多くの人が慌ててしまうものです。まずは、「不動産業者を探さなければ」と焦ります。「不動産業者もいろいろあるって聞いているし」と困惑する人も多いでしょう。

 

「買い手が見つかるだろうか」

「転勤の準備で忙しいのに内覧などの対応ができるのか」
「購入希望者が現れても、そこからまた価格交渉しなければならないのでは引越しの支度が間に合わないのでは」
などなど不安はつきません。

 

まず、転勤準備で多忙な中で良い不動産業者を見つけるコツは、不動産の一括査定サイトを利用することです。これならば会社や自宅に居ながらにして、どの不動産業者がどのような査定額を提示してくれるか一度で分かります。

 

その中で、自分の希望に合っている業者を絞り込むことができます。そして、もう一つの転勤で家を売るときのコツは、「仲介」ではなく「買取」も検討してみることです。「買い手が見つかるか」「内覧の対応や買主との交渉が必要なのでは」というのは、不動産業者に「仲介」を依頼した場合です。

 

仲介と買取とは

 

 

「仲介」では、不動産業者の仕事は文字通り「買い手を探して仲介する」ことになります。しかし、引越しに追われて十分な時間が取れず、早く売りたい場合には、不動産業者に買い取って貰うことができます。不動産業者は、後で転売するために売主から家を買い取ってくれるのです。

 

これなら交渉は業者とだけで済み、複数の購入希望者の相手をする必要がありません。また、不動産売却に関係する諸手続き(売買契約、決済、登記、引き渡しなど)も、相手はプロですから迅速で確実です。「引越しで多忙な中、最小限の手間と時間で家を売りたい」という希望にそって動いてもらえます。ただ、買取にはデメリットもあります。

 

仲介で家を売るのに比べ、買取で家を買ってもらうとかなり安い値段にしかなりません。不動産業者は、転売して利益を出さなければならないので、買取の値段を抑えなければならないからです。

 

このデメリットをカバーする方法は2つあります。1つは、最初の一定期間は仲介で買主を探して貰い、これで売却できなかった場合に買い取って貰う「買取保証」という仕組みを利用することです。ご夫婦でどちらかが内覧などに対応できるなら、この方法が使えます。

 

もう1つは、買取価格についても不動産一括査定サイトを利用することです。そうすれば、相場が分かります。あまりに相場よりも安い買取価格を提示されたら、断って別の業者を探せばよいのです。転勤で引越し作業に追われて多忙を極める中、家の売却という大ごとに取り組むのはとても大変です。

 

インターネットを活用して情報をよく集めて、効率的に信用できる不動産業者に依頼を進めていくのがコツとなります。