第三者の意見を聞くことも大切

 

 

動くお金の金額が大きいのが家の売買をするときの特徴であり、家を売りたい売主、家を買いたい買主、それを仲介することで利益を得たい不動産業者の利害が衝突してしまいがちなのは確かです。取引を進めてみると本当に今、良い取引が進められているのかと疑問に思うかもしれません。

 

そのときに大切なのが第三者にヒアリングを受けてみることであり、利害関係のないプロを選んで相談してみると良いでしょう。

 

家を売るときにまず気にかかるのは金額に関するものです。家の一括査定を受けて出てきた査定価格が本当に適正なものなのかと疑問に思うこともあるでしょう。査定を行っている業者は不動産の仲介や買取を行っていることが多いのが特徴です。

 

高い査定価格にすることで、うちで仲介や買取を依頼すれば高く売れますという主張をしている可能性も否定はできません。査定を行うのが家の売買に関して第三者の立場にある業者なら信頼性が高いでしょう。

 

ネット上の一括査定などを利用して色々な業者から得られた情報を手に、建築家などに相談して家の査定価格が妥当かどうかを聞いてみるのは良い方法です。

 

相談に適した相手とは

 

 

土地についても地価に詳しい税理士や司法書士などに相談すれば適正かどうかを確認してもらえるでしょう。不動産鑑定士という資格を持って働いている人もいるのでヒアリングを受けたり、査定を実施してもらったりするのに適した相手になります。

 

一方、取引金額もまた大きな問題になりやすいものですが、それが適正かどうかは相場がわかれば問題はないでしょう。

 

査定価格が適切なら相場に合っていると考えられるので金額に関する問題はこのような形で解決できます。
契約内容についても家を売るときには気をつけなければなりません。媒介契約を結ぶときや売買契約を結ぶときには契約内容が本当に自分の考え方に合っているか、トラブルが発生したときに対応できる契約内容になっているかを確認することが重要になります。

 

それが不安になったときにはすぐにその場でサインをしてしまわずに、一度契約書を持ち帰りましょう。契約書については弁護士に相談するのが最も効果的と言えます。第三者の立場から契約内容を確認してもらい、自分の意見についてのヒアリングの結果を反映させてくれるでしょう。

 

よくあるトラブル事例を参考にして、十分に対応できる内容が盛り込まれているかも確認してくれます。多少の費用はかかるものの、間違いのない契約を結ぶための有用な手段です。