一括査定サイトの入力ガイド

 

 

せっかく住宅を購入したのに遠方へ転勤することになったとか、外国で生活することになった、あるいは離婚などで家を手放すことになったという場合には家を売却する必要が出て来ます。その際には相場を知った上でなるべく高い値段で家を売却したいと考えるものです。

 

しかし1つの不動産会社に話を持ち込んで価格査定を行ってもらっても不安でまた違うところへ話を持ち込み査定してもらうということもあり、これを繰り返していると無駄な労力と時間、経費を使ってしまうことになります。

 

そしてもし最初の1つの業者のところでそれを信じて売却依頼することになった場合には他の業者との査定の額の比較ができないために後でもっと高く売れるところが分かった場合には後悔することになります。

 

そういう場合には最初から複数の業者による無料の一括査定という方法があり、サイトで不動産の一括査定で検索すると出て来ます。この一括査定は一度に数社の査定を受けることができますが、他のサイトでも合わせて一括査定を行うこともできます。

 

但し、連絡がメールで通知されて来ますのであまり多くのところへ依頼していると対応しきれなくなる恐れもありますから処理できる範囲内に留めておくほうが無難とも言えます。

 

 

 

 

一括査定サイトの入力方法

このサイトはランキング上位のところを利用することもでき、その際の入力については簡単です。

  • 無料査定スタートのガイド案内に従って物件の種別と住所を選択します。
  • 物件は分譲マンションや一戸建て、土地、1棟アパートやマンション、収益型の区分マンション、1棟ビル、区分所有ビル、
  • 店舗や工場・倉庫、農地、その他の中から選択します。
  • 次に都道府県、市町村を選択し、それ以下の住所も選択し4項目を選択したら無料査定のボタンをクリックします。
  • 次にガイド案内に従って基本情報の入力へ進みます。
  • 所在地を詳しく番地まで記入し、住所地に現在住まわれているかいないかを選択します。
  • 次にガイド案内に従って土地面積や建物面積を記入します。
  • そして間取りは1Rのワンルームや1K・1DKから4K・4DKなどの中から選択します。
  • 築年数は西暦と和暦の元号が併記されていますのでこの中から選択します。
  • 物件との関係では名義人、その家族・親族、土地のみの名義人である、又は建物のみ、会社名義、共有名義、購入予定者である、調査中の不動産業者である、弁護士や司法書士、税理士である等の中から選択します。
  • そして次にお客様情報へ進みます。

ここではお名前、ふりがな、満年齢、電話番号、メールアドレス、依頼理由、そして簡易な机上査定と訪問査定の2つの方法の中から選択します。

 

査定会社の項目では業者の詳細を見て頭にチェックマークを入れます。査定会社への要望や買い替えの有無、売却希望の時期、希望連絡日時、コメントがあれば欄に書き込んでスタートボタンを押すと後から各業者からメールで家の査定額が通知されて来ます。

 

関連ページ

媒介契約を安易に結んではダメ
家を売るときには、ネット上で一括査定を利用することで効率的に業者比較を行えますが、良い業者を見つけることができたと喜んですぐに媒介契約を結んでしまわないように注意しましょう。一括査定の結果から考えて相場相応の評価を出してくれていて、やや査定価格も高めになっているから高額で売れるのではないかと期待を胸に抱くかもしれません。
家の売却に特化した業者を頼ろう
家を高く売るのであれば、家の売却に特化した専門の業者を頼るのがいいでしょう。家を高く売るには、それなりのコツが必要となります。いわゆる不動産業者の販売力というものが必要となるからです。
選んではいけない不動産業者の特徴
住宅を購入したのに外国へ移住することになったとか、国内において遠方へ転勤することになったという場合があります。そんな場合は不動産会社に委託して他の人に賃貸として貸し出すという方法もあります。しかしまた戻って来られるのかどうか分からないし、土地に愛着があるというわけでもない場合は売却を行う方がお金も入って来るので有効かもしれません。
選ぶとよい不動産業者の特徴
不動産業者の選び方次第で家を想定通りに売れるかどうかが大きく左右されます。様々な不動産業者の中からよい業者を選び出すために何を重視するべきかを押さえておくことは重要です。家を売るときに重要になるのは何か、まず考えましょう。
家を売るとき最初にチェックすること
家を売る時には最初にすべきなのは家に関する必要書類の準備とチェックです。現状について客観的にチェックし、売却をスムーズに進めるためにも重要になってきます。