選んではいけない不動産業者の特徴

 

 

住宅を購入したのに外国へ移住することになったとか、国内において遠方へ転勤することになったという場合があります。そんな場合は不動産会社に委託して他の人に賃貸として貸し出すという方法もあります。しかしまた戻って来られるのかどうか分からないし、土地に愛着があるというわけでもない場合は売却を行う方がお金も入って来るので有効かもしれません。

 

 

その場合には一括査定サイトにて複数の不動産業者に無料の一括査定を行ってもらう方法が家の相場もつかめ、一番高い価格で売却の依頼も行えることになります。

 

このサイトの特徴としてはえりすぐりの優良な業者のみが参加するので問題もなく安心できる点にあります。不動産業者といえばかつては話がウソばかり話す代表のような業種で言葉が千あれば本当のことは三つしかないという意味で千三つ屋と呼ばれたこともあります。

 

現在のように情報を得る手段やその量も限られていた時代は顧客に聞かれてわかりませんとも言えず出まかせ出放題な話をする営業マンもいたようです。

 

一時原野商法が話題になったことがありました。物件説明で駅からの徒歩時間が5分という紹介をしても20分かそれより遠い事例は多かったものでことを針小棒大に語ることも常であったようです。

 

又、売り手にとって損になるようなことは前面に出さず黙って通すということも多く行われていたようで、こういう特徴から結果顧客とトラブルになることも多かったとされています。

 

トラブルを避けるには

 

 

現在では会社の規模ごとの宅地建物取引士という国家資格者が重要事項の説明を行うことになったり、業法による規制も厳しくなって来ていますのでそういうことはやれなくなりました。

 

さて、一括査定を行うと各業者から査定の額が通知されて来ます。

 

そして高い額を付けて来たところへ売却依頼を行っても良いものですが、あくまでも一括査定の結果は、机上の計算に基づく概算の額であり詳しく知りたい場合には何社か選んで現地を見てもらい現状から差し引き計算を行ってもらうこともできます。

 

その業者が欲を出すかお金がすぐに必要であるときは高値を付ける場合があるかもしれません。その場合には相場からもかい離している為にある期間が経っても買手がつかず値下げを行わなければならない場合もあります。

よって相場を知るということは重要です。

 

選び方としては免許番号が全てを表すとは言えませんが、更新を重ねて数字が大きいほど経験年数があるとは言えます。仲介業や管理業を特徴とする会社は売買は範囲や専門外であったりしますので注意も必要です。

 

全国展開している業者の特徴は地元の業者に比較して事情に疎いことがありますので、少し注意が必要です。
空家のほうが成約率が多いというのはウソで居住中の家のほうが売りやすいもので簡単なやり方を勧める業者は要注意です。内覧の機会も多く親身に対応しないのは選び方としては適切な業者には入らないものです。

 

選び方はこれらのことに注意して見ていると多くのことが分かってきます。