家を売るとき最初にチェックすること

 

 

家を売る時には最初にすべきなのは家に関する必要書類の準備とチェックです。現状について客観的にチェックし、売却をスムーズに進めるためにも重要になってきます。

 

まず最初に売主に関する書類を用意します。

 

これに該当するのが、住宅ローンの返済予定表あるいは借入金の年末残高等証明書です。この借入金の年末残高等証明書は金融機関から確定申告・年末調整のために送られてきます。家を売る際の売却価格を考える際には現在のローン残高がいくら残っていて、最低ラインとしてどのくらいの価格なら家を売ることを進められるのかを決めなければなりません。

 

もちろん最終的には買い手からどれくらいの引き合いがあるかによっても最終売却価格は変わりますので、絶対的な決め手にはなりませんが、おおよその目安にはなるものです。売主に関するものとしては他に本人確認の書類が必要です。

 

これに該当するものとしては運転免許証などの身分証明書や印鑑証明書が必要です。登記上の住所と現住所が異なるような場合には住民票も用意します。尚、印鑑証明書や住民票は発行日より3か月以内のものが必要です。

 

共有名義の家を売る場合は共有者全員の分を用意し、チェックしておきます。

 

権利関係を証明するもの

 

 

次に権利関係を証明するものとして登記済証あるいは登記識別情報の準備が必要になります。この登記済証は家の権利書のことで、平成17年以降に取得された不動産の場合、登記済証の代わりに登記識別情報が発行されるように変更されました。これらの書類は売主であるあなたが売却しようとする家の真の所有者であることを証明するものであり、法務局から登記名義人宛てに公布されます。

 

通常は売却が決まると法務局で行われる司法書士の手続きによって、所有者が新たな所有者の名義に変更されます。

 

さらに建物そのものに関するものとして何点か必要になります。戸建住宅を売却する場合は土地測量図や境界確認書を準備します。

 

これらは正確な売却価格を決める場合にも必要なものですし、買主が購入後に隣接地のオーナーとの間で無用なトラブルに巻き込まれないようにするためにも重要になってきます。売却する家が建築基準法に従って建築されたことを証明する建築確認済証や検査済証も買主が必ず確認しておきたい重要な情報となりますので用意しておきます。

 

その他にも地盤調査報告書や住宅性能評価書、購入時の契約書や重要事項証明書、パンフレットなどもあれば用意しておきます。これらの書類はその家の履歴を知る重要な情報源になるものです。売却する家がマンションの場合はマンションの管理規約や使用細則などを用意します。

 

また修繕積立金や管理組合費の払い込み状況や直近で大規模修繕があった場合にそれらに関する情報もあるとそのマンションがこれまでどのように維持されてきたのかがわかる情報源になり、売却には有利になります。

 

関連ページ

媒介契約を安易に結んではダメ
家を売るときには、ネット上で一括査定を利用することで効率的に業者比較を行えますが、良い業者を見つけることができたと喜んですぐに媒介契約を結んでしまわないように注意しましょう。一括査定の結果から考えて相場相応の評価を出してくれていて、やや査定価格も高めになっているから高額で売れるのではないかと期待を胸に抱くかもしれません。
家の売却に特化した業者を頼ろう
家を高く売るのであれば、家の売却に特化した専門の業者を頼るのがいいでしょう。家を高く売るには、それなりのコツが必要となります。いわゆる不動産業者の販売力というものが必要となるからです。
選んではいけない不動産業者の特徴
住宅を購入したのに外国へ移住することになったとか、国内において遠方へ転勤することになったという場合があります。そんな場合は不動産会社に委託して他の人に賃貸として貸し出すという方法もあります。しかしまた戻って来られるのかどうか分からないし、土地に愛着があるというわけでもない場合は売却を行う方がお金も入って来るので有効かもしれません。
選ぶとよい不動産業者の特徴
不動産業者の選び方次第で家を想定通りに売れるかどうかが大きく左右されます。様々な不動産業者の中からよい業者を選び出すために何を重視するべきかを押さえておくことは重要です。家を売るときに重要になるのは何か、まず考えましょう。
一括査定サイトの入力ガイド
せっかく住宅を購入したのに遠方へ転勤することになったとか、外国で生活することになった、あるいは離婚などで家を手放すことになったという場合には家を売却する必要が出て来ます。その際には相場を知った上でなるべく高い値段で家を売却したいと考えるものです。