家を売るとき最初にチェックすること

 

 

家を売る時には最初にすべきなのは家に関する必要書類の準備とチェックです。現状について客観的にチェックし、売却をスムーズに進めるためにも重要になってきます。

 

まず最初に売主に関する書類を用意します。

 

これに該当するのが、住宅ローンの返済予定表あるいは借入金の年末残高等証明書です。この借入金の年末残高等証明書は金融機関から確定申告・年末調整のために送られてきます。家を売る際の売却価格を考える際には現在のローン残高がいくら残っていて、最低ラインとしてどのくらいの価格なら家を売ることを進められるのかを決めなければなりません。

 

もちろん最終的には買い手からどれくらいの引き合いがあるかによっても最終売却価格は変わりますので、絶対的な決め手にはなりませんが、おおよその目安にはなるものです。売主に関するものとしては他に本人確認の書類が必要です。

 

これに該当するものとしては運転免許証などの身分証明書や印鑑証明書が必要です。登記上の住所と現住所が異なるような場合には住民票も用意します。尚、印鑑証明書や住民票は発行日より3か月以内のものが必要です。

 

共有名義の家を売る場合は共有者全員の分を用意し、チェックしておきます。

 

権利関係を証明するもの

 

 

次に権利関係を証明するものとして登記済証あるいは登記識別情報の準備が必要になります。この登記済証は家の権利書のことで、平成17年以降に取得された不動産の場合、登記済証の代わりに登記識別情報が発行されるように変更されました。これらの書類は売主であるあなたが売却しようとする家の真の所有者であることを証明するものであり、法務局から登記名義人宛てに公布されます。

 

通常は売却が決まると法務局で行われる司法書士の手続きによって、所有者が新たな所有者の名義に変更されます。

 

さらに建物そのものに関するものとして何点か必要になります。戸建住宅を売却する場合は土地測量図や境界確認書を準備します。

 

これらは正確な売却価格を決める場合にも必要なものですし、買主が購入後に隣接地のオーナーとの間で無用なトラブルに巻き込まれないようにするためにも重要になってきます。売却する家が建築基準法に従って建築されたことを証明する建築確認済証や検査済証も買主が必ず確認しておきたい重要な情報となりますので用意しておきます。

 

その他にも地盤調査報告書や住宅性能評価書、購入時の契約書や重要事項証明書、パンフレットなどもあれば用意しておきます。これらの書類はその家の履歴を知る重要な情報源になるものです。売却する家がマンションの場合はマンションの管理規約や使用細則などを用意します。

 

また修繕積立金や管理組合費の払い込み状況や直近で大規模修繕があった場合にそれらに関する情報もあるとそのマンションがこれまでどのように維持されてきたのかがわかる情報源になり、売却には有利になります。