媒介契約を安易に結んではダメ

 

 

家を売るときには、ネット上で一括査定を利用することで効率的に業者比較を行えますが、良い業者を見つけることができたと喜んですぐに媒介契約を結んでしまわないように注意しましょう。一括査定の結果から考えて相場相応の評価を出してくれていて、やや査定価格も高めになっているから高額で売れるのではないかと期待を胸に抱くかもしれません。

 

実際に連絡を取って相談してみると、やはり売りたい家について高い興味を持ってくれている様子で、業者の勧めに従って媒介契約の契約書にサインしてしまうという流れになってしまうことはよくあります。

 

しかし、この時点で家を売るのを本当にその業者に任せて良いのかをもう一度考えると共に、媒介契約の内容が自分の考え方に合っているかを判断しましょう。サインをしてしまったらもう取り返しがつかないので注意が必要です。

 

家を売るときに締結する媒介契約には一般媒介、専任媒介、専属専任媒介の三種類があります。

 

多くの業者では専属専任媒介契約を結ぶように勧めてくるでしょう。この場合には売主は他の業者に仲介を依頼することはできない上に、自分で家を売る相手を見つけて直接売ることもできなくなります。もし知人を探して買ってくれる人も探そうと考えているのなら専属専任媒介契約を結んでしまうのは損になるリスクがあるのです。

 

媒体契約の注意

 

 

専任媒介にしておけばその可能性を残すことができます。また、他の業者にも依頼して仲介を行ってもらいたいと考えたら一般媒介にすることが必要です。業者側としては仲介を成立させることでようやく仲介手数料を手に入れられるので、他の業者に仲介を成立させて欲しくないのが本音であり、自分で家を売る相手を見つけて欲しくないとも考えているでしょう。

 

そのため、専属専任媒介契約を結びたいと必死になってサインを求めることも多いのです。家を売るためには急いで売りに出した方が良いと急かすようにしてサインを求められることもありますが、そのような業者ほどサインを焦らずに落ち着く時間を作るようにしましょう。安易に契約を結んでしまうと簡単には破棄できなくなってしまうので、ともすると売れない時期を長く過ごさなければならなくなります。

 

専属専任媒介や専任媒介は三ヶ月が原則になっていて、その間に業者の腕が悪くて見つからないという状況になるリスクは常にあります。

 

特に専属専任媒介や専任媒介で契約するときには実績もあって信頼できる業者かどうかを判断する必要があるのです。

関連ページ

家の売却に特化した業者を頼ろう
家を高く売るのであれば、家の売却に特化した専門の業者を頼るのがいいでしょう。家を高く売るには、それなりのコツが必要となります。いわゆる不動産業者の販売力というものが必要となるからです。
選んではいけない不動産業者の特徴
住宅を購入したのに外国へ移住することになったとか、国内において遠方へ転勤することになったという場合があります。そんな場合は不動産会社に委託して他の人に賃貸として貸し出すという方法もあります。しかしまた戻って来られるのかどうか分からないし、土地に愛着があるというわけでもない場合は売却を行う方がお金も入って来るので有効かもしれません。
選ぶとよい不動産業者の特徴
不動産業者の選び方次第で家を想定通りに売れるかどうかが大きく左右されます。様々な不動産業者の中からよい業者を選び出すために何を重視するべきかを押さえておくことは重要です。家を売るときに重要になるのは何か、まず考えましょう。
一括査定サイトの入力ガイド
せっかく住宅を購入したのに遠方へ転勤することになったとか、外国で生活することになった、あるいは離婚などで家を手放すことになったという場合には家を売却する必要が出て来ます。その際には相場を知った上でなるべく高い値段で家を売却したいと考えるものです。
家を売るとき最初にチェックすること
家を売る時には最初にすべきなのは家に関する必要書類の準備とチェックです。現状について客観的にチェックし、売却をスムーズに進めるためにも重要になってきます。